フランスの人気スター2人の競演が嬉しいハートブレイカー

2010年にパスカル・ショメイユ監督が制作した「ハートブレイカー」はフランスの人気俳優ロマン・デュリスと同じく人気女優のヴァネッサ・パラディが共演しています。
この映画はロマン・デュリスが演じるアレックス・リピがヴァネッサが演じるジュリエット・ヴァン・デル・ペックと禁断の恋に落ちる話です。
なぜ「禁断」になるのかというと、アレックスの新しい仕事はジュリエットの結婚を阻止しようと企む彼女の父親から請け負ったものだから。

別れさせ屋はターゲットと恋に落ちてはいけないのです。
彼はジュリエットに父親から頼まれたボディーガードだと嘘をついて近づき、何とかして彼女の心を自分に向けさせようとして試行錯誤します。
この映画の見どころは人気者の二人の競演です。
フランスでもとても話題になったそうですが、出会いの場面から二人が徐々に惹かれ合うまでのプロセスや、ヴァネッサのファッションが楽しめます。
ジュリエットは経済的に豊かな家庭のお嬢様なので、身に着ける服も素敵なものばかり。黄色のワンピースや部屋で着る繊細なつくりのネグリジェなど、上質なアイテムの登場にため息が出る女性が続出する事は間違いありません。
ラブコメディなので肩がこらずに見られるのも魅力。

別れさせ屋という職業はフランスではそれほど盛んではなく、どちらかというと日本人の方が使うようです。
フランス人は相手と向き合って別れ話を切り出すので、別れ話は必要がないからこそコメディになったのかもしれません。
フランス人は勿論、日本人をはじめ他の国の人たちも肩がこらずに見られるのがこの映画の魅力です。
主役の二人だけでなく脇を固める人達もユニークな個性が光る面々なので、楽しく見る事が出来ます。